町のBGMにクリスマスソングが流れる季節になりましたね。クリスマスグッズも所狭しと販売されていて、見ているだけで楽しい気持ちになりますよね。かんもぉ~れでもクリスマスを待つ間にいただくシュトレンが焼きあがっております♪

 

 

シュトレンはドイツ発祥の菓子パンで、本場のドイツではレシピが厳密に定められているほど大切にされてきたクリスマスの風習です。その歴史は大変古く、14世紀の司教様へのクリスマスギフトが最古の記録とされているそうです。シュトレンはドイツ語で「坑道」という意味で、形がトンネルに似ているからこの名前が付けらたといわれています。また、焼き上げた後にまぶす粉砂糖が幼子イエスの産着を連想させるといわれています。

 

発祥の地ドイツでは12月1日からクリスマスを待つ4週間のアドヴェントの期間に、シュトレンを少しづつスライスして食べる習慣があります。焼きこんだ洋酒付漬けのフルーツの風味や甘みが徐々にパンに移っていき、アドヴェント最後の日に一番おいしくなるといわれています。

 

かんもぉ~れのシュトレンもアドヴェント中においしくお召し上がりいただけるように、洋酒漬けのドライフルーツをたっぷり焼きこみ、粉砂糖でくるんだ特製シュトレンとなっております。

 

ぜひ、毎日少しづつスライスしてお召しがりください。クリスマスを迎える日までどんどんおいしくなるシュトレン。カットしたあとはぴっちりラップにくるんで直射日光をさけて涼しいところで保管くださいね。